コスト削減する際に、もう一つ持っておきたい視点

こんにちは、堺実紀です(^^)

普段、「節約」「コスト削減」って意識していますか?
お金を “稼ぐ” ことに興味がある人は多いけど、”守る” ことに興味がない人って結構います。

私からすれば、それは穴の開いたバケツに水を入れているようなもの。

お金の話には、常に “守る” 視点が不可欠だと思っています。

そこで私は常日頃から節約やコスト削減を心がけているのですが、ここにもう一つ持っておきたい視点があります。

それは、「それをすることによるストレスレベル」です。

節約を行う場合、何かしらの正訳がかかります。

例えば携帯を大手3キャリアから格安SIMに変える場合。
少し速度が落ちたような体感があります。
(どんどん是正される動きはありますが)

その、「速度が落ちたこと」をどれくらいストレスに感じるか、が重要です。
もうどうしようもなくイライラするのであれば、それは「するべきではない節約」です。

私の場合、速度が落ちた体感はほぼなくて、全くストレスに感じないから「すると良い節約」なんです☀

他にも、パソコンの購入。
スペックを下げれば下げるほど値段は安くなります。

ですがもちろんスペックを下げているのだから、使用している際のサクサク感や可能なマルチタスクの数が減ってしまいます。
あなたがそれで問題ないのか」がポイントなのです。

先日、私がとうとうそのバランスが崩れて購入したアイテムがあります。

PC充電可能なモバイルバッテリー」です!

PC充電可能なバッテリーって、値段も高めで(1万円くらい)、結構大きくて重たいんですよね…。
カフェに行けば充電はできるし、問題ないかと思ってたんですが、やっぱり耐えられない

充電するためにコンセントのあるカフェを探す。そしてコンセントがあっても席が埋まってたら充電できない。
これが私にとって相当にストレスだったんです。
だから、私はバッテリーを購入することを決めました。

もう、コンセントを探し回る日々とはおさらばです!笑
モバイルバッテリーの購入を渋って、コンセントのあるカフェを探すことは、私にとって「するべきでない節約」だったんですね。
相当ストレスフリーで生活できるようになりました(^^)

それに加えて、「外で仕事をする場所」も一つ固定で持つことにしました。
月額制のコワーキングスペースを契約したのです。

今までは「カフェのほうが安いし…」と思っていたのですが、渋谷は本当にカフェが混んでいる!!
(私の活動は渋谷が多いんです)

席の空きを探してカフェをウロウロしている時間」これが私にとって物凄いストレスでした。
だから、月額を払ってコワーキングを確保することで「どこに行こう?」という悩みが一切無くなりました。

席が空いているカフェを探して歩き回ることも、私にとって「するべきでない節約」でした。

この2つを解消することによって、私のストレスはだいぶ軽減されました。
不要なところでストレスを感じないのは、精神衛生上とても良いです♪

改めて。
「節約」はお金のことを考えるうえで、とても大事な視点。

ですが一つ、忘れてほしくない視点があります。

その節約が、あなたにとってどれくらいストレスを与えるのか?

自分の気持ちと相談して、気分の良い節約を行えると良いですよね☺