タスクリストを「優先順位」だけで並べ替えてない?効率が一瞬で上がるもう1つの視点

こんにちは、堺実紀です(^^)

今日は最近発見した
タスクを超効率的に進めるハック
についてお話したいと思います☀

私はタスク管理には拘りが結構あり・・・笑
いかに効率よく、気持ちよく、楽しく
タスクをこなしていけるかを常に追求しています。

ここ最近で「これだ!」と思ったのが
あるのでご紹介しますね(^o^)

今までのやり方と悩み

今まで私がやってきたタスク管理は

1.思いつく限り持ちうるタスクを洗い出す。
2.その中で、今日やりたいと思うものをピックアップする。
3.今日やりたいと思う中で優先順位をつける。
4.上から順番にこなしていく。

というものでした。
これも全然悪くはないと思うんですが、
なかなか重いタスクが減らない・・・!

その中で一つ気づいたことがあったんです。
“重いからちょっと避けたいな、と思ったタスクの優先順位を下げている”
自分に!

はーーー、なんて自分に甘いんだ、私は!と
嘆きました。笑

絶対今日中にしなきゃいけないわけじゃないけど、大切なことで、
でも取り掛かると結構時間がかかりそう

っていうタスクが一番厄介です。
振り返ったら1ヶ月以上放置もザラにあり・・・。
それこそ自己嫌悪に陥ります(*_*)

なんとかならないかなぁ、とずっと思っていたところです。

今までのやり方でダメだったところ

先程お話した方法で、私がダメだったなと思ったところは2つ。

1.重いと感じるタスクの優先順位を下げていた。(情けない!笑)
2.「頭を使うタスクは午前のうちに」という原則を無視していた。

この2つは互いに影響しあっている部分もあるのですが。
特に2つ目が重要!
今回はそこにフォーカスをあててお話していきます。

最強!午前と午後でタスクを分けるハック(2018年5月時点)

以上を踏まえて、現時点で私が最強だと思った
タスク管理ハックを伝授します!(あくまでも現時点!)

基本は上記でお伝えした方法です。
そこに、一つ要素をプラスします。

そのタスクは頭を使うか?使わないか?
ということ。

私で言うと下記のようなかんじ。

頭を使う例

・ブログを書く。
・映像制作やデザインの構成を練る。
・事業の今後の方向性について考える。
・日々日々の改善施策を考える。

頭を(あまり)使わない例

・お皿を洗う。
・洗濯物をたたむ。
・家計簿をつける。
・メールをチェックする。

「頭を使う」のは考え事や創造性を発揮する必要があるとき
それ以外は「頭を使わない」ものと捉えています。

そして、その振り分けができたら、

「頭を使うタスク」は午前中に。
「頭を使わないタスク」は午後以降に持ってくる。

たったこれだけ!!!!!

そして、午前中は思考力と創造性を発揮して
重く感じがちなタスクをばしばし倒していく!!!
これが、最高に気持ち良い❤

私は「頭を使うタスク」を「Creative task」
「頭を使わないタスク」を「Simple task」

決めて、タスクリストで別カテゴリにしています。

今までは重いタスクを優先順位低めにして、
結局やるのが夜になるので全然進まず
自己嫌悪になってたんですよね(^^;

朝の、頭が元気なうちに、重いのをこなせば
あとは楽々!!
ぜひ、お試しあれ(*^^*)