細金恒希さんに学んだ、器の豊かさ

こんにちは、堺実紀です(^^)
先日ご飯を食べに行ってきたのですが、
今までと違った豊かさを感じる機会がありました。

それは「器」の素晴らしさを感じられたことです✨

…なんていうと、すごく高尚な趣味を持っているように
感じられてしまうこともあるのですが、全くそんなことはなく。笑

私は普段、コンビニでシールを集めたら
もらえるお皿でご飯を食べているタイプ
でした😂!笑

そんな私が感じた、
新しいことを知ることで増える人生の豊かさ。
今日はそんな話をしたいと思います。

「喰善 あべ」さんでの出会い

先日訪れたお店さんは「喰善 あべ」さん。

食べログはこちら
食べログ4.13
2019 Bronze受賞の名店です(^^)

「喰善あべ」(しょくぜんあべ)は、2013年11月16日に銀座5丁目へ開店した日本料理店です。
京都の農家さんが丹精こめて作ったお野菜、炭火で焼きあげた肴、おくどさんで炊き上げたご飯、などを皆様にお楽しみ頂ければ幸いです。
引用元:http://syokuzen-abe.jp/

京都の食材を贅沢に使用した絶品料理の数々。
特に驚きだったのはご飯のバリエーションでした。

炊きたてのふかふかのご飯で
じゃこご飯・卵かけご飯・いくらご飯
いただけるという贅沢な時間!
お米好きの私にはたまらない瞬間でした✨

そして、こんな素敵なお店で出会ったのが本題の「」なんです。

特異な柄があるわけでもない、珍しい形状というわけでもない。
ただただ、その佇まいに、一瞬息を呑みました。

あぁ、これは美しい。

理屈抜きに本能でそう感じました。

お料理の淡い色合いに馴染む自然な風合い。
真ん中にちょこんと座るシソの花が何とも可愛らしくて。

器、お料理、お花がそれぞれの良さを引き立てていました。

私は思わず、お店の方に
この器、凄く良いですね」とこぼしました。

すると、お店の方がにこやかに教えてくれました。

「これは唐津焼なんです。藤ノ木土平の作品ですよ。」

唐津焼 藤ノ木土平さんとは

実は器には全然詳しくない私。
藤ノ木さんのことも恥ずかしながら全く知りませんでした。

そこで藤ノ木さんについて検索!

藤ノ木土平
昭和24年新潟県中魚沼郡中里村生まれ。本名民義。新潟県の高校を卒業後、上京。専門学校や民間絵画研究所で油絵を学ぶ。50年から3年間、唐津焼の大橋裕氏に師事。その後、岐阜県の加藤芳右エ門氏のもとで織部焼を学ぶ。55年、現在地に土平窯を開き、「○△□シリーズ」や「飛翔シリーズ」など新しい感覚の唐津焼作りに挑む。
引用元:https://www.umakato.jp/waza/artist/artist52.html

「唐津焼の飾らない自然な造形に心が安らぐ。」と話す藤ノ木さん。
まさに私がお店で感じた印象そのものでした。

特段珍しいわけでなく、自然で馴染みの良い心地よさ
それは唐津焼の良さだったんです。

高校を卒業後、油絵を学んでいた藤ノ木さん。
25歳ごろに洋画のスランプで気分転換に出かけた旅行がきっかけで器の道に進まれています。

藤ノ木さんは、土の個性を生かすことをとても大切にしています。
そう聞くと、あの「良い」と感じた器の自然な風合いにも頷けます。

器から始まる会話

あべさんで「この器、凄く良いですね」と私が端を発したことをきっかけに会話が始まりました。

・これは藤ノ木さんという方が作られた器だということ。
・他にもいくつか藤ノ木さんの作品がお店にあるということ。
・器は売りに来てくれる人がいて、お店で並べて吟味しているのだということ。

器が、私とあべさんを繋げてくれたのです。

お店の棚から藤ノ木さんの他の作品を取り出し見せてくれるお店さん。
そこには、また違った藤ノ木さんの表情がありました。

左のなんかは牡蠣がすごく合いそうだけど、どうなんだろう。
器初心者の私は、まだそこまでは言えず😅笑

ただ、藤ノ木さんのルーツが油絵にあると知ると、
この器にもそのルーツを感じ取ることができます。

器一枚に、一人の造り手がいて、
その造り手が歩んできた人生がある。

それが形になって現れているのが器なのだと、一枚に感じる重みが変わります。
ものづくりの素晴らしさを感じました。

そして、その「器」を通じて始まる会話。
共に良いと思ったものを双方の間に置いて交わす会話が
盛り上がらないわけがない😬!

そんなことを言いながら、最近まで今までご飯を食べに行っても
料理の美味しさしか口にできなかった私。

お店の方と器の話ができることは、私にとって当たり前ではなかったのです。
私が器に興味を持ち始めたのはキッカケがあったからでした。

私が器に興味をもったキッカケ

私が器に興味を持ったのは、紛れもなく細金恒希さんの影響。

細金恒希
1981年茨城県高萩市生まれ。明治大学法学部卒業。
20歳で、大学を休学して世界一周旅行に出かける。
23歳で、新卒採用コンサルティング会社を設立し、現在は5社を経営。
引用元:http://koki-hosogane.com/profile.html

私が師と仰いでいる細金さんは
数々の事業に携わられている経営者の方ですが、
白金台こばやし」という割烹料理屋のオーナーでもあられます。

白金台こばやしの食べログ

飲食店を経営するほど、食が大好きな細金さん。
彼の器に対するこだわりに触れているうちに、
私も次第に器に興味を持ち始めました。

最初は良い器を見せていただいても
お、おう・・・。これが良い器なのか・・・!汗
というかんじでした😭笑

人間国宝の作品を見ても分からない未熟な私😨

そんな私にも、細金さんは良い物に触れさせ続けてくれました。

器は料理の着物なんだよ。

その言葉を初めて聞いた時、まだピンと来ていませんでした。
なにせ、私はコンビニでシールを集めたらもらえるお皿で
ご飯を食べていた
人間です・・・😂笑笑

それが、あべさんで藤ノ木さんの器に出会った時に
ビビっと来たのです。
じんわり、と言うのかもしれません。

器に包まれるお料理が一段と美味しそうに見え、
箸で崩すのが少しもったいなくも感じる瞬間。

華美すぎない美しい和服を着ている女性のようなイメージが浮かびました。
これが「器は料理の着物」なんだなと。

新しいことを知ることの豊かさ

コンビニでもらえるお皿でも十分ご飯は美味しいし、
食器を洗うときに気を使わなくて良いし楽。

器が変わったって料理そのものの味が変わるわけじゃないし
何でも胃に入れば一緒でしょ?

なんて雑なことを考えていた私。笑

「器の素晴らしさ」に分からないながら触れつづけ、
やっと最近になって本能的に「素敵だ」と感じるものに出会いました。

そうやって、もともと興味がなかったもの、よく分からないものにも
根気よく触れ合っていく

それがそのうち豊かさとなって花開くのだと感じました。

器に興味がなかった頃よりも、興味が出てきた時の方が

素敵だな、と思う機会が増え
美味しいな、と思う機会が増え
・それを話題に話せる相手が増えました。

興味を持つことに、悪いことは一つも無いです。
ただ世界が拡がり、可能性が増えるだけ✨✨

そんな世界を見せてくれた細金さんに本当に感謝しています。
私の言葉に呼応してくれたお店の方にも感謝しています。

まだコンビニのお皿は使っていますが😋笑笑
「素敵だな」と感じるものが増えることは本当に豊かだと思います。

また新しい興味をひろげていきたいなと思った瞬間でした(^^)

格安SIMの会社はどこも一緒?じゃない。

こんにちは、堺実紀です(^^)
私が代理店をさせていただいている格安SIMの「エックスモバイル」が設立5周年で2期連続の黒字達成

厳しい現状のMVNOが多い中、エックスモバイル設立5周年で2期連続の黒字達成 iPhone8発売開始
 
木野 将徳社長、おめでとうございます☺
 
格安SIMってパッと見、違いがよくわからないですよね。
正直なところ、値段もそんなに変わりがない…。
 
じゃあどこで契約しても一緒?
そんなことはない、と私は思います。
 
私がエックスモバイルを選んだのは、木野社長率いるエックスモバイルの生き様に惚れたからです😀
 
航空業界のLCCのように、誰もが気軽にスマホが使える社会にしたい」という想いを掲げて、資金繰りが苦しいときも諦めずに走ってこられました。
 
自分たちの志を貫くために買収されることなく独立系の立ち位置を守る、その強い姿。
 
常にサービスを良くしようと、会社に大きなコストがかかる決断も厭わない在り方に心を打たれています🌱
 
ビジョンに共感しどんどん増えていく代理店。
格安SIM業界で店舗数はNo.1
これからもますます躍進されることを確信しています。
 
自分がサービスを利用したり、物を購入するのは「その造り手への “ファン投票”」。
 
今後もエックスモバイルの想い、一人でも多くの方に届くように活動していきます☺
 
⭐月々の携帯料金見直したい方
⭐どうせお金を使うなら志ある企業を応援したい方
⭐大手3大キャリアで月8,000円越えてる方
 
いつでもお声掛けくださいー☀

「渋谷に0円で住む」今までの当たり前は今後も当たり前とは限らなかった。

こんにちは、堺実紀です(^^)

渋谷に0円で住む

この言葉を聞いて、あなたは何を思いましたか?

「そんなワケないでしょ」
「どうせネタでしょ」
「再現性無いでしょ」

それとも…
うん、出来るよね

私はどちらかというと前者の反応に近い印象を抱きました。
実際に住んでいる私には、到底その方法が思いつかなかったからです。

けど、記事を読んで納得。
完全にこれからの時代の生き方だと感じました。

キーワードは
所有の時代は終わり、今の主流はシェアである
ということ。

これからの時代に興味のある人は、ぜひ読んでみてください☀

私が「渋谷で0円に住む」に初めて出会った瞬間

ふとtwitterでこの記事を目にして、私は衝撃を受けました


家賃0円で大都会「渋谷」を生きる僕の【0円理論】

「家賃0円?そんなわけ…なんか曰く付きのヤバイ物件とかかな?」最初はそう思っていました。
が、読み進めていって納得。

これは、今からの時代当たり前になっていく価値観だなと。

詳しい内容は実際の記事で読んでもらいたいですが、ここでも概要を話しますね。

種は「家の役割」を考えたことにあった

家賃0円の種明かしを一言でいうとこれです。

「家を使っていない時間、レンタルスペースとして間貸しする

「えー!知らない人を家にあげるなんてやだ!」
っていう価値観の人には出来ないことだと思うので、読み飛ばしていただくということで。

この考えかたは本当に面白いと思いました。

私達が当たり前のように住んでいる家。
結構寝るのに帰るくらいで、日中は使っていない人も多いのではないでしょうか。

朝起きて、すぐに外出し、遅くまで出ている…帰ったら寝るだけ。
そう思うと、「昼間の空白の時間」ってすごくもったいないんです。

家が、空っぽで、何も稼働していない

この記事の筆者「まー坊」さんはそこに気づき、家を使っていない空き時間をレンタルスペースとして間貸しすることにしたのです。
運用開始から3ヶ月目にして、家賃と収入がトントンに。
まさに「家賃(実質)0円」が実現したのでした。

冒頭に初めて聞いたときと、今では「家賃0円」の印象が全然違うのではないでしょうか。

そう、これはネタでも釣りでもない
実は誰でもやればできる方法だったんです。

所有するものには「使っていない時間がある」ということ

ここでふと、自分の周りを見渡してください。
持っているけど滅多に使わないもの」がありませんか?

あなたが所有するものには少なからず「それを使っていない時間」が存在するはずです。

  • 結婚式のときくらいしか着ないドレス
  • 使ってないけど捨てるのが惜しいトレーニンググッズ
  • 一回読んだけどなんとなく残している本

これらが活用されず、「家で眠っている時間」を考えたことがありますか?

私はこれに気づいたとき、まるで家にニートが住んでいるような気分になりました。笑

働けるポテンシャルがあるのに、何もせず家で寝ている!
けど、その機会を与えていないのは私だ!

きっと、あなたの周りにも “小さなニートたち” が眠っているはずです。

これからの当たり前。シェアリングエコノミーという価値観

今では欲しいものは何でも「買って手に入れる」のが当たり前でした。
しかし、もう続々と「所有する」時代は終わり始めています。

そんな時代を説明する「シェアリングエコノミー」とは以下のような意味合いです。

物・サービス・場所などを、多くの人と共有・交換して利用する社会的な仕組み。自動車を個人や会社で共有するカーシェアリングをはじめ、ソーシャルメディアを活用して、個人間の貸し借りを仲介するさまざまなシェアリングサービスが登場している。シェアエコノミー。シェアエコ。共有型経済。
引用元:https://kotobank.jp/word/シェアリングエコノミー-1720825

欲しいものは借りることで事足り、所有する必要がなくなる時代がやってきています。
持ってる人とシェアし、必要な時に使うことができればそれでいいのです。

それを知ってもなお所有したい?それはそれで良いと思う

「家賃0円」「シェアリングエコノミー」と、今までに “共有” の価値観が無かった人にとっては衝撃的な話かもしれません。
でも、確実にこの時代は既に来ています。

それを知ってもなお、「やっぱり私は所有がしたい」と思う方。
それはそれで良いと思います。
手に入れたときの喜びや、いつも手元にある幸せ。
所有にしかない喜びもあると思います。

私が大事にしたいのは “知っている” ということ
シェアの価値観を知らないで所有しているのであればもったいないな、と思うわけです。

今までの当たり前は、いつまでも当たり前ではない

「シェアの文化」なんて昔なら考えられなかったこと。
それが今、当たり前になっています。
そして今の「当たり前」は、きっといつか当たり前でなくなっていくのでしょう。

時代はどんどん流れていきます。
トレンドは抑えたうえで、自分の行動を意思決定していきたいですね(^^)

私は家で寝ている “小さなニート” を探しに行ってきます。

レバテックさんに私の記事をご紹介いただきました!

こんにちは、堺実紀です(^^)
とても嬉しいことに、レバテックさんに私の書いたタスク管理の記事を紹介いただきました✨

▼紹介された記事はこちら!
タスクリストを「優先順位」だけで並べ替えてない?効率が一瞬で上がるもう1つの視点

このハックは、私もかなりオススメな方法です。
タスクの並べ替えは優先順位だけじゃないんです…♪

「なーんか、一日を終えて振り返ると、あまりタスク終わってないんだよなぁ」なんて方にオススメ!
自分のタスク管理を振り返ってみてください(^^)!

ご紹介いただいたレバテックさんの記事にも、その他色々なタスク管理の記事が集まっていました。
タスク管理にお悩みの方、ぜひ一度チェックされてみてはいかがでしょうか?

▼タスク管理にお悩みの方はこちら!
タスクの優先順位を考える際に役立つ記事まとめ

 

スタッフが語る舞台裏。細金恒希さんの「人生戦略セミナー」を運営して

こんにちは、堺実紀です(^^)
昨年、ブログに書いた細金恒希さんの「人生戦略セミナー」
当時「スタッフになりたい!」とその場で打診したと書いていました。

あれから約1年半。今もスタッフとして関わり続けています。
スタッフとして関わり始めてしばらく経ったので、少し自分なりの振り返りを。
今日は運営サイドから見た人生戦略セミナーの舞台裏について話します。

定例毎月開催。それでも毎回新鮮な講演会

細金恒希さんの「人生戦略セミナー」は毎月第二土曜日に定例開催しています。
最初は「毎月やっているから、そのうち運営にも慣れるだろう」と思っていました。
が、実際は全然違う!笑

もちろんある程度慣れはするのですが、お客様は多くが初めて参加される方々。
お客様から伝わる空気に、いつも “初めてのドキドキ” があるんです。

スタッフだけで行う会場準備は慣れたもの。
打ち合わせもバッチリ。
でも、「誘導GOしてください!」のサインが出たあとはピンッと緊張感が走る。
徐々に会場に近づくお客様の姿を見て、私までドキドキします。笑

運営側は毎月。でも、お客様はほとんどが初めて。
もしかしたら今日1回限りの方もいるかもしれない。
そう思うと、定例開催も定例ではなくなります。

もう8年も講演会を続けられている細金さん自身ですら、
毎回緊張するとのこと。

夜な夜なMTG。良いものを作ることに一心なスタッフ

スタッフは何かしら自分で事業をしているメンバーばかり。
普段は自分たちの仕事で一生懸命活動しています。
そんなメンバーが集まろうものなら、集合は夜中。笑
講演会のためのスタッフ打ち合わせは夜な夜な行われています。

私も打ち合わせのある日に会食があると
「このあと打ち合わせなんで」とお酒を控えます。
「このあと!?」とびっくりされることも多いです(^^;

夜中にぞろぞろと集まりだし、各々の仕事現場の話もしながら
全員が集まったところで講演会の打ち合わせがスタート。
議題は

「どうすればお客様に最高に満足いただけるか」

もうこれしかありません。

会場の設営方法、誘導の仕方、時間配分…。
考える要素を挙げればきりがありませんが
全て綿密に決めていきます。

時間は1分単位でオンタイム運営。
机の移動も全て担当を明確に。
当日を最高の状態で迎えるために意見を交わします。

今でこそスタッフになってしばらく経つので慣れたものですが、
初めて打ち合わせに参加したときは
「ここまで決めているの!?」と驚いたことを覚えています。

全ては、「自分を変えたい」「学びを得たい」と
足を運んでくださるお客様のため。

スタッフができることは何か?を問い続けています。

講演会運営に学ぶ「無くしちゃいけない無駄なこと」とは

私のつくる講演会は、一見レガシーな無駄が随所に散らばっています。笑

代表的なのは、申込後の決済で事前決済を取り入れておらず、
当日現金支払い!これはよく突っ込まれます…。

キャンセルも起こりやすくなるし、当日の会計も大変。
「事前決済か電子マネーにすれば?」と言われることもしばしば。

なのですが、これはワザとやっています。
中には煩わしく感じられる方もいるかもしれません、すみません><

300名規模の講演会。当日現金支払いにすることで長蛇の列が出来ます。
受付との会話が生まれます。
私たちはその瞬間を作りたいと思っています。

キャンセル待ちが多く発生する講演会なので、1ヶ月以上前に申し込む方も多いです。
そのため、講演会に来る当日になって「なんで参加するんだっけ」と目的を忘れちゃう方も。

待ちの列に並んでいる間に、改めて自分の来た目的や
得て帰りたいものを思い出してもらえたらと思っています。

そして、受付で会話が生まれるなかで人との関わりの温かみがある講演会にしたいと願っています。
今や色々なものが自動化されて、人が不要なタイミングが増えて来ました。
受付や、お店のレジなど。
その中で、私たちはあえて人を残しています。
人と人との関わりが唯一、そこに温かみを生む方法だと思っているからです。
当日ドキドキされているお客様が多いからこそ、受付スタッフは最初の “安心感” を与えられる存在を目指しています。

徐々に表情が変わっていくお客様を見て

セミナー参加に慣れている方は平気な顔で来ていただけるのですが、
人生戦略セミナーは「セミナー」「講演会」というものに
初めて参加される方がとても多いです。

そのため「何か怪しいんじゃないか」「押し売られたりしないか」と
警戒しながら来られる方も…(^^;
(それだけ警戒しながらも、「何か変えたい」と思って来てくださるのだなと思うと
とても嬉しくなりますが)

そんな緊張感のある表情で受付を通られる方も多いので
最初は少し会場の空気が固いのです。

しかし、前半が終わって休憩に入ると空気が一変。
ぐっとワクワク感のある空気に変わります。

そして後半が終わってからがすごい!
「何か行動したい!」「来てよかった!」とエネルギーが高まっている空気が膨らんでいます。
この瞬間が、スタッフとしてはすごく嬉しい。

「何が起きるのかな」と不安だったお客様が、
終了後には清々しい笑顔で帰っていかれる姿を見て
スタッフは本当にやりがいを感じ、また来月が楽しみになります。

友人を誘って思ったこと

私が初めて聞いた時の衝撃が忘れられず、あの衝撃を共有したい友人を何名か誘いました。
そして、「自分が知らないことばっかりだって気づいた。誘ってくれてありがとう。」と言ってくれました。

日本の教育は受け身が多く、自分から情報を取りに行く癖は付きにくいと思っています。
そして、本当は一番知っておくべきはずの「お金」などの重要な話は
だいたい授業で隠されている部分です。

そうやって、情報を知らないで、日々日々目の前のことをやり続けるってすごくもったいない!
そう思うから、私は友人にも伝えています。
一人ずつでも、新しい気づきを得て、行動を起こす友人を見るのは
本当に嬉しいことだと知りました。

まとめ

初めて人生戦略セミナーに参加してから約1年半。
実は参加者よりもスタッフとして関わった期間の方が長くなりました。

スタッフとして関わって、舞台裏を知ることでさらに価値を感じ、
この価値をもっと多くの人に届けたいと思いました。

今月も、講演会はありました。
来月も、開催します。

そこに一期一会で来る方たちが、のちに人生のターニングポイントになるように。
スタッフとして、私ができること。私たちができることを
ずっと追求していきます✨

贈り物に花束を💐

こんにちは、堺実紀です(^^)

先日、誕生日を迎え26歳になりました!
周りには「アラサーだ!」と言われますが25歳のときから
アラサーは認識しています笑

お祝いの言葉も多数いただき、花もいただきました✨


赤い実が素敵❤
全体的に可愛らしい印象の花束!


こちらはピンク・赤の雰囲気がありつつ
白いバラが映えている女性らしい花束♪

昔、そんなに花が好きじゃなかったのですが
今はいただくととても嬉しいです◎
やっぱり花は素敵!

花は、自分たちの子孫を残すために
他の花に受粉させる必要があって。
そのために花粉を運んでくれる虫たちに
気づいてもらえるように、こんなにカラフルになったそうです。

そう思うと生命の力って神秘的ですよね。
「生きる」ことにエネルギーを感じます。
(…と思っていたのに、改めて調べてみると
一概にそうとも言えないらしい。笑)

とはいえ花が在るだけで場が明るくなるのは
まぎれもない事実✨

女性はより可憐に、可愛らしく💄
男性はより紳士的に魅せてくれる🌿

いつの時代も必要とされるものですね!

さて、26歳。

より仕事観を上げて。
もっと結果に拘って。
かっこいい女性を目指します(^^)

いつの時代も必要とされる、美しく咲く花のように🌸

映画嫌い、グレイテスト・ショーマンを観る。

こんにちは、堺実紀です(^^)
先日、映画「グレイテスト・ショーマン」を観に行ってきました!

もともと映画嫌いの私。
嫌いというか、自分が面白いと思えるか分からないものに
2時間投資するのが嫌なんです。笑

そんな曲者な私が、なんとなくふと目に止まったのが
グレイテスト・ショーマン。

最近ミュージカルが気になり始めていたので
ちょうどいいタイミングだと思って思いつきで観に行くことに。
結論。
めっっっっちゃくちゃ良かったです!!本当に!
これは映画館に観に行って良かった!!!!!!

TOHOシネマズの「ドルビーアトモス」を
導入した音響最高ルームで360度から
躍動感溢れる音楽が心を震わせます✨

冒頭からぐっと引き込まれるタップの音。
始まりから鼓動は高まりっぱなし。

目まぐるしく展開していくストーリーを手伝う
歌と踊りは見ていて嫉妬するほどに美しい!かっこいい!

ミュージカルに入る歌は、
セリフにすると相当長くなる話を
リズミカルに短い時間で語ってくれるのだと聞きます。

それ故に軽快に、心地よく
壮大なストーリーが展開されていきます。

演者たちの強い声から生命力を感じ、
プロフェッショナルを感じる。

終始心を動かされっぱなしでした。

グレイテスト・ショーマンのストーリーは
たくさんのことを伝えてくれました。

大きな目標を持つことの素晴らしさ。
夢に向かって必死の努力をする尊さ。
人類の多様性の尊重。
自分を支えてくれる周囲の人たちへの感謝…。

観終わったあとに、とても勇気のもらえる作品でした。

あー、もう一度みたい!!!

観終わったその日から、映画のサントラ
リピートしまくりです。笑

これからもっと積極的に映画に
チャレンジしていこうと思えるきっかけになりました☺

グレイテスト・ショーマン、ありがとう!

桜を感じに街歩き🌸

こんにちは、堺実紀です(^^)

街に桜が咲き誇ってきましたね✨
私は花の中で桜が一番好きです。

もうだいぶ咲いているということで、街歩きしてきました◎


満開の桜たち!
お花見のお客さんもたくさん♪


木の幹に咲く桜🌸
こんなのも素敵ですね。


知人から届いた写真!
私は、桜と緑のコントラストが一番好きなんです✨


これもすごく趣き深い!
まさに日本の美、を感じますね。

暑い夏も、寒い冬もあるからこそ
心地よい今の季節に幸せを感じる。

季節に応じて咲く花、生える草、食べるものが変わり、
それぞれの季節で楽しみが変わる。

改めて、日本の四季って素敵だなと感じました☺

【ネスレの新食感?】バナニーを食べてみました!

こんにちは、堺実紀です(^^)
今日は不思議なお菓子を見つけたお話です。笑

こちら、ネスレのバナニー!😁
正式名称はBanany V COKOLADEですかね?
読み方が分からない・・・。

ネスレとは思えない超輸入品感のあるバナニー。
いざ、開封!😎

あっ・・・チョコが取れてしまった。笑
イメージ通りのチョコバナナっぽい形状

割ってみた様子。
チョコバナナですね
ちょっとチョコとバナナの境目あたりに
しゃりしゃりっとした見た目の層があります。

いざ実食!

・・・ほう。

・・・柔らかい。

ちょっとマシュマロ?ゼリー?
でもしゃりしゃりしたところは砂糖菓子。

なんでしょう、近いものでいうと
ねるねるねるね」にありそうな味です😅

これは、バナナ味のねるねるねるねを
固形物にしたもの
だ、と私は判断しました。

美味しいと感じるかはあなた次第!笑
なかなかビビッドなバナナ味のねるねるねるねでした。(違う)

【10回言えば叶った!】Cafe Ring様よりリングをいただきました♪

こんにちは、堺実紀です(^^)

前回下記ブログでお話していた、
10回、思いを口にすれば『叶』う」ことを信じて
実践した結果、叶ったお話です✨
http://miki-sakai.me/event/challenge-japan-summit-2017

アチーブメントのCHALLENGE JAPAN サミット 2017に参加したときに
協賛企業からいくつか抽選でプレゼントがありました。
中でも私の目に止まったのはCafe Ring様のダイヤモンドリング

私の誕生月は4月です。
4月の誕生石はダイヤモンド

「全参加者の中から1名だけにプレゼント!」と聞いて
すごく欲しいと思いました😍

そのとき、頭によぎったのは栗城さんの言葉。
「自分の願いは口にすることが大切。10回、思いを口にすれば『叶』う。」

そうだ!10回だ!」と素直に即実践し。笑
応募用紙に「ダイヤモンドリングがほしい!」って
10回書きました!(執拗な応募用紙が出来上がりました笑)

すると、見事約850名の参加者から私が選ばれ
プラチナダイヤモンドリングいただきました😂✨

「欲しい!」と強く思い、それを叶えるために仕掛ける。
凄くシンプルですが、大事なことなんだと実感しました🌱

思考は現実化する!

リングを提供いただいたCafe Ring様、
私を選んでいただいたアチーブメントの皆さん
ありがとうございました😊💕