私らしく生きる。きっかけを仕事に変えていく5つの方法【GIRL’S MeeTALK × 100人カイギ】/イベントレポート

こんにちは、堺実紀です(^^)

“本当は新しいチャレンジをしてみたい。
けど、どうやって踏み出せばいいんだろう?”

そう思っている人はいませんか?

そんなアナタに伝えたい。
きっかけを仕事に変えて自分らしく生きる女性たちが語る重要なエッセンスを聞いてきました!

ということで本日はイベントレポート!

様々な業界で活躍する女性によるプレゼンテーションサロン「GIRL’S MeeTALK」
×
働く人をゆるくつなげるコミュニティ「100人カイギ」

初のコラボイベント!
「私らしく生きる。きっかけを仕事に変えていく5つの方法」
に参加してきました。

日常で実は起きている小さな出来事をチャンスに変えたい方、必見です!

GIRL’S MeeTALKとは

MEET × TALK = WOW!
GIRL’S MeeTALKは、働く女性のプレゼンテーションサロン。
“いま” 面白いプロジェクト・ヒトと出会い、スキルアップしながら
自分らしく生きるスタイル・働き方をみつけるためのイベントやワークショップを開催。
ワクワクする「WOW!」を広げ、新しいステップや挑戦をするきっかけを作ります。
引用元:http://girlsmeetalk.org/about/

働く女性にフォーカスしているGIRL’S MeeTALK。
様々な業界で活躍する女性たちの発信から新しい価値観に触れられる機会を作られています。

GIRL’S MeeTALK公式サイトはこちら

100人カイギとは

2016年1月『ゲストが100人集まったら会を解散する』というコンセプトのもと、いろんな人の働き方を知るイベントが港区から始まりました。

ルールは簡単

・毎回5名のゲスト※に登壇してもらう ※身近で面白い活動をしている人
・その人の働き方について10分で紹介してもらう
・ゲストが100名(全20回)に達した時点で解散する
引用元:https://camp-fire.jp/projects/view/87468

「同じ会社に勤めていても、1度も話したことがない人がいる」ことに気づき、もっと“ゆるいつながり”を生み出すべく始まった100人カイギ。
港区から始まり、今は渋谷区、相模原…とどんどん規模を拡大させています。

渋谷区100人カイギ公式サイトはこちら

まずは参加者同士で自己紹介!

本編開始前に、100人カイギ流「参加者同士で自己紹介」
4人程度で1グループ作り、順番に回したのち、全員回り終わったら着席する、というもの。

自己紹介が終わってるのに、他のグループが終わってないからなんとなく話し続ける…というのが無くなるのでテンポが良くて素晴らしい✨
勉強になります!笑

「とにかく相談される人になる。」株式会社和心の若槻 愛さん

登壇者一人目は株式会社和心で執行役員をされている若槻 愛さん。


和心にて広報・アライアンスと、”アクロバティック採用”を担当。
新卒で和心に入社。2011年に独立しPR会社を立ち上げ取締役を務める。
2015年、和心に出戻り入社。IPO準備や新規事業の着物レンタルに携わり、2016年執行役員に就任。

「日本文化を感じる物づくりと販売」と聞くと「あまり儲かってなさそう…」という印象を持たれることもあるようですが、和心はそのイメージを覆します

かんざし・傘などの販売だけでなく、着物着付け・レンタルといった体験系の事業も好調。
2018年には上場も果たしています。

そんな和心に、若槻さんは3回入社しているそうです!
3回目の入社で執行役員になられ、現在役員職の女性は若槻さんのみだとか。

そんな若槻さんが大切にされている「私らしさ」には3つのポイントが。

1.<仕事>使命感と忠誠心

仕事に対して使命感を持てば、どんな仕事も楽しくなります。

若槻さんは「仕事の内容より”本気でやる”ことを大事に」されています。
例えばセブンイレブンでは、当初「セブン銀行」を始めることに大反対だったそう。
それが今となっては「やってよかった」事業になっている。

ビジネスモデルの良し悪しじゃなく、「絶対にやり遂げるんだ!」という思いのほうが重要だといういことを如実に現している例ですね。

2.<自己>存在感謝 自己革新

毎年何か自分のニュースを作ることを意識されている若槻さん。
去年はバイクの免許を取られたこと、今年は会社の上場がMYニュース!
毎年自分がアップデートしていく感覚ってわくわくしますよね♪
昨日より今日、今日より明日…とより良い自分を意識していきたいものです。

3.<人間関係>一方聞いて沙汰するな

トラブルがあったときに、片方だけの言い分を聞いて判断しないこと。
両方の意見を聞くことを重要視されているとのこと。

自分からトラブルには首を突っ込みに行くというのには驚き!
その面倒見の良さが、チャンスに繋がっているのですね。

若槻さんが常日頃心がけられているのは「とりえず相談される人」になろう、ということ。
目先に損得関係なく、とにかく相談が来たら協力してあげる。
協力してあげるから、さらに相談される人になる。

一見何の利益もなさそうなことにも首を突っ込み、貢献してあげることで実際に大きなチャンスに繋がったことが何度もあるようです。

あの人に相談したら何とかなる
そんな風に周りから思われるようになれば、周りの人からの信頼も、チャンスも巡ってくるのにも頷けます。
目先の損得ではなく、まずは相手に何を与えられるか
若槻さんのお話には「人と関わっていく上でずっと使える人生のコツ」がたくさん詰まっていました。

きものレンタルwargo

「自分がときめくことをやる!」フォトグラファーの佐野 円香さん

登壇者二人目はフリーランスでフォトグラファーをされている佐野 円香さん。


15歳より独学で写真を始め、28歳で第61回朝日広告賞グランプリ受賞。
「さのスニーカー’s」「佐野企画」「週末モデル」「今、東京でキミを撮る」等、雑誌・webで多数連載を企画撮影中。

15歳から写真の勉強を始めたという佐野さん。
23歳で人生最大の挫折をすることになったそう。

写真の修行のため、フォトグラファーのアシスタントを始めた佐野さん。
ところが、1年経たずしてクビになってしまったそうです。

佐野さんの中では「プロのフォトグラファーを目指しているのに、まずアシスタントのプロを目指さなきゃいけない」ことに強い葛藤がありました。
そこで、最大の挫折を味わった佐野さんは、一つの目標を自分の中に決めます。

写真の仕事だけで行きていこう

写真だけでご飯が食べれるようになることを決意し、そこからは寝る暇が無い日々を過ごしたのだとか。
飲食店のバイトをしたり、レタッチャーのアシスタントをしたり。
寝ないように立ちながら仕事をしたこともあったそうです。

そうして日々を過ごすなか、転機が訪れます。
自分の「強み」が何かを考える機会が。

昔から女性のグラビアを見るのが好きだった佐野さん。
純粋に「可愛い女の子」が好きだということに気づきます。

それ以外にも好きなものはたくさんあり、
写真は、好きなものを繋げるツールなのだと思い始めたそうです。

そこから自分の好きなものを企画に取り入れ、「さのスニーカー’s」「週末モデル」など様々な企画を打っていき、” 佐野ワールド “と呼ばれる世界観を創り上げていきました。

佐野さんが大事にされていることは、
とにかく自分がときめくことをやる!」ということ。
それについては妥協しないのだそうです。

まずは「これが好き」って思ったものを
なんで好きなのか?」深掘って考えてみる。
そうすると、自分のフェチが見えてくるのだとか。

本当に好きなものだからこそ、愛を持って仕事に取り組める。
好きなものだからこそ、苦難があっても続けることが出来る。

自分の本当に大好きなものって何なんだろう?と自分に向き合って考えてみることは今後の人生において必要なことだなと思いました。

佐野円香さんInstagram

「日本ヤバイと知ったから。」teritoru株式会社の日置 愛さん

登壇者三人目はteritoru株式会社の日置 愛さん。


ニューヨークで毎日新聞の飛び込み営業を経験したのち、日本に帰国。
定住に縛られない生き方を掲げる1週間ルームシェアマッチングサービス「weeeks」を運営する。

面白い経歴の日置さん。
内定を辞退してニューヨークに行ったのは意外な理由で…?

なんと、元彼がいきなり渡英して「愛ちゃんもおいでよ!」と言われたことに反発したのがキッカケ!
なんとなく「イギリスの反対はアメリカだ!」と奮い立ち、そのままニューヨークに向かったそうです。

英語が話せないなか、毎日新聞の飛び込み営業をやっていて気づいたことは「世の中って、当たり前って何も存在していないんだな」ということ。

同じように飛び込みの仕事をやっているアジアの外国人に言われた一言がキッカケだったそうです。

愛が羨ましい

諸外国から見ると日本は相当アドバンテージのある国なのだ、ということに気づいたのだとか。
日本のパスポートは最強で、どんな国にでも行けるのです。

「日本人」というだけで、既に色々なチャンスを私達は持てるのです。

でも、そんな恵まれた環境でチャレンジできる切符があるのに、その切符を持っていることにすら気づいていない日本人がたくさんいることに日置さんは気づきました。

日本ヤバい。

一時帰国のつもりで一旦日本に帰ってきたものの、そこで留まって事業を興すことを決意したのはそんな思いがキッカケでした。

一度きりの人生、もっと可能性を広げられたら。」という思いでweeeksを立ち上げられます。
weeeksは短期のルームシェアに特化したマッチングプラットフォーム。
ニーズが合致した人たち同士で5日間など短いシェアハウス生活を送ります。

「毎日決まった家に帰る」という当たり前を変えることで人の人生の可能性を広げます

「服を変えるように、住居が変わっていもいいよね」

weeeksは今までの「当たり前」って何だったんだろう?
と私達に疑問を投げかけてくれるプロダクトなのかもしれません。

1週間ルームシェアマッチングサービス「weeeks」

「伝えるためには、自分が心動かされること。」d47 MUSEUM 館長の黒江 美穂さん

登壇者四人目はD&DEPARTMENT / d47 MUSEUM 館長の黒江 美穂さん。


2012年D&DEPARTMENT PROJECTに参加。同年より渋谷ヒカリエ8/の、47都道府県の「らしさ」を再発見する日本初の地域デザインミュージアム「d47 MUSEUM」の企画、編集、運営を担当。

47都道府県それぞれにある面白さ・魅力を伝える展覧会を開催している黒江さん。
もともとは専門的にデザインを学び、「デザインする側」でした。
そこで周りの人が自身のデザインをプレゼンしている姿を見て「私のほうが本人より良さをプレゼンできる!」と思い「伝える」存在に気づいたそうです。

デザインは「する側」だけじゃなくて「伝える側」というポジションがある。
そう気づいた黒江さんは世の中にある素敵なデザインを伝える側として活動し始めました。

伝える仕事をしている役割上、「私も伝えたくて!」と相談を受けることも多いとのこと。
そこでの黒江さんの言葉がとても印象に残っています。

それは、
自分の心が強く動かされることがなければ伝えることは出来ない」ということ。

「伝える」ことにだけフォーカスが行っていて、「どうしたら上手く伝わるか」が議論されがちですが、実は大切なのはもっと前の段階にあったのです。

自分自身がそれに感動すること
心を震わせることが出来なければ、それを他人に伝えることなんて出来ないんですよね。
言われてみれば確かに、なんですが普段持てない視点だと思いました。

誰かに何か伝えたいと思うなら、まずは自分が感動すること。心を動かされること。
「伝える」上でとても重要なエッセンスをいただきました。

d47 MUSEUM

「失敗しない、が一番怖い」ファッションメディア編集者のミヤシマ アキコさん

最後の登壇者はファッションメディア編集者のミヤシマ アキコさん。


最初のキャリアはファーストフードを展開する企業。
そこから取材記者兼ライターを経て現在はファッションメディアの編集を務める。
新卒研修の仕組みづくりなどにも携わっている。

3つのオリジナリティでそうそういなくなる存在になれる」と話すミヤシマさん。

ミヤシマさんの場合は
渋谷好き×ガジェット好き×ファッションメディアにいる」だそうです。
1つだとどこにでもいる存在。
ただ、3つ全てが被る人はなかなか居ない。
自分の価値が発揮できる重要なポイントですね!

そんなミヤシマさんが日々大切にしている5つのルールがあるとか。
一つひとつ凄く共感できる内容でした!

1.土日に「作業」を設定しない

想定外で作業することになってしまうことはあると思います。
また、する必要がないけど楽しいからしちゃうことも問題はありません。

ただ、「土日に作業時間取れるから」と最初から土日を見積もった仕事のしかたは辞めましょう!
消耗するだけです。

2.なんでこんな仕事…と思うことほどちゃんとやる

仕事をしていると日々で「こんなこともしなきゃいけないの?」と思う瞬間はあると思います。
ですが、そんなときこそちゃんとやる
例えば書類のホッチキス留めでも!
「しっかり斜めに留められた!」と誇れるほど仕事に使命感を持つことが大切。

3.”自分なんて”という謙遜を逃げとして使わない

個人的にはこれが一番響きました…。
「謙遜」は「逃げ」だったのか!!!と。
ミヤシマさんは今回のイベント登壇も避けようとしていたそうです。
でもそれは、「失敗したくないから逃げてただけだ」と気付き登壇することを決意。
「自分なんて」を言い訳にチャンスを逃したくないですよね。

4.”失敗しない”がいちばん怖い

正解を知りたがる人は多いです。(かく言う私もすぐ求めてしまう!)
ですが失敗があるからこそ成功を得られるのは真理。
「まずはアウトプットして、叩かれてみることが重要」だそうです。

5.無理なものは無理!!と割り切る

これも私にはかなり響きました…。
つい依頼を受けすぎてキャパオーバーなんていうのはよくやってしまいがち。
無理して受けて、出来ないと信頼も失ってしまうし自分への自信も無くなってしまいますよね。
「無理!」とちゃんと言える人が仕事が出来る人です。

100人カイギをもっと広めたい!

最後に主催の100人カイギさんからお話が。
気軽な気持ちで始めた100人カイギも徐々に規模が大きくなり、もっと多くの人に広めたいと思いクラウドファウンディングをされているとのこと!
100人カイギに興味を持った方は、ぜひこちらも見てみてください(^^)

新時代のコミュニティ「100人カイギ」を全国に拡げたい
※9/23に目標達成されたとのこと!おめでとうございます!

参加者みんなで懇親会♪

会の最後は皆で懇親会!
登壇者の方も一緒に乾杯しました。

豪華なケーキまで!
これは嬉しい❤

乾杯のご発声は若槻さんに!
意欲ある女性の方々と話せて楽しい懇親会となりました(^^)

身近なきっかけを仕事に変えていった5人。
仕事に対する向き合い方が真摯で、真剣な姿がとても印象的でした。

仕事を楽しむ女性は素敵♪
そんな女性を増やしていきたい、と改めて思う時間となりました✨

プロレスに学ぶ。相手の全力を受け入れ、それでも “越える” ということ。

こんにちは、堺実紀です(^^)

プロレス初参戦!
🎉NEW JAPAN CUP2018🎉
3.9後楽園ホール!
開幕戦に行ってきました✨

プロレスの試合を生で見るのは今回が初めて。
知識や歴史理解もまだ少ない中での挑戦でしたが
めちゃめちゃ心打たれました!!

当日の対戦カードはこちら

“本気で勝利を取りに行き、かつ、お客さんを楽しませる。”

もともと勝利だけを一心に目指す武道をやっていた
私としては理解に苦しむ要素だったのですが、
結局生で見ると、余計なごたく抜きに
命かけて試合している姿に息を呑みました。

プロレス好きの人に色々聞いてみたり、
ネットで調べたりして段々分かってきて、
中でも感動したのが

「相手のベストを引き出して、その技を真っ向から受け、
それでも強さで凌駕する」

という考え方があるということ。

ただ勝つだけじゃない。危ない技は逃げればいいってもんじゃない。
相手の見せ場も作り、会場を沸かせ、
でもその上を行く強さで勝利を掴み取る。
これは格好いい!!!!!!!!✨✨

そして、「圧倒的な善と悪」の構図。
今回は棚橋選手vs鈴木選手のシーンで如実に現れてました。

ゴングがなる前から奇襲をかけ、復帰したての棚橋選手の膝を
集中攻撃する鈴木選手!!もう!本当にやめて!!😭

見ていて苦しくなりながら、鈴木選手に苛立ち、
その状況に立ち向かう棚橋選手に心を掴まれる!


↑仲間を助けるために身を乗り出してバトンタッチする棚橋選手!

「なんであんなことするんだ!卑怯過ぎる!」
なんて思っていた私ですが、ふと気づきました。

鈴木選手のような、自他共に認める「悪」があるからこそ
圧倒的正義の棚橋選手が輝くのだと。
共に、新日本を盛り上げる選手の一人として、
自分の役を貫き、お客さんを楽しませているんだなと。

素人ながらに、とても感動し、勉強させていただきました。
終始ドキドキしながら、歓声をあげ、
家に帰って撮影データを見たら2,000枚。笑
どこのカメラマンやねん。笑

写真ではロスインゴの帽子かぶってますが、
本当は推し選手が定まらないなかで
「今日は決めるぞ!」と意気込んで参戦しました。笑
今のところ軍配は棚橋選手にあり(*^^*)
太陽のようなエース✨
見ていて元気をもらえました🌱

もう、本戦の話も、内藤選手の話も
語りたいのに!
長過ぎるのでこのあたりで。笑
また別記事で書こうかな・・・

いやーーーもっとプロレス勉強します!
今年は私の中でプロレス元年✨
楽しくなりそうです😁☀
機会をいただき感謝です!!

向井 秀樹先生に学ぶ「30代からの夏のスキンケア」

皆さんは、自分のスキンケアに自信がありますか?

私は結構、我流でやっている部分がありました。笑
20代も後半に差し掛かったので、改めて
自分のやっているスキンケアを見直したい!と思い
皮膚科の先生が教えて下さる勉強会に参加しました(^^)
今回お話いただいたのは、
北里大学医学部皮膚科医局長の向井 秀樹先生です。

意外な発見もあったので
特に勉強になった部分をレポートしたいと思います♪

■シミ、シワやたるみの要因は夏の肌荒れ!

夏は汗ばむ季節。
汚れがひどくなる季節。

ついついしっかり洗いたくなってしまいますよね。
ですが、この洗浄剤による洗いすぎや擦りすぎが
肌トラブルを引き起こしているのです!

冬は乾燥など、肌にマイナスな季節のイメージがありますが
夏も負けず劣らず危険な季節なのだとか。

■清潔志向は日本人特有の誤った概念!

大して汚れていないのに石鹸を使いすぎたり、
しっかり洗いすぎたりする人は多いそうです。

ナイロンタオルやボディタオルで
ゴシゴシ洗ってはいませんか?
なんと、擦ることにより
肌に色素沈着を残してしまうんです!

私もゴシゴシ洗っていたタイプでした・・・反省。

また、夜にお風呂に入ったのに朝シャンもしちゃうパターンもNG。
1日2回以上、石鹸を使って洗うのは洗いすぎだそうです。
朝シャンするなら石鹸を使わずシャワー浴のみで!

「入浴剤は使っても良いのか?」とよく質問を受けるらしいのですが、
入浴剤はお湯のカルキを中和する役目があり
刺激感防止に有用で良いそうです♪
確かに、お湯をいれたてのお風呂って
「お湯が固いから良くない」とか言いますよね。

■乾燥肌に良い石鹸と使い方

・弱酸性で低刺激の石鹸を泡で洗う!
・不用意に長く洗わない。
洗う時間長いと、過度に皮脂が除去されてしまうそうです。
・濯ぎはしっかりと。
不十分だと生え際に皮膚炎ができることも。
・肌に刺激感や痒みの出るものは避ける。
パーマ液や染毛剤、洗浄剤でもかぶれることはあるようです!
・乾燥しやすい部位は連日洗う必要はない。
お風呂上がったときに「乾燥しているな」と感じるところは
無理に石鹸を使わなくて良いのだとか。

■保湿のやり方

・顔、または昼間の保湿→べたつかないローションや乳液
・乾燥の強いところ、または夜の保湿→クリーム
で使い分けると良い◎

・乾燥の強いところは綿手袋、靴下、包帯やガーゼなどで
守ることが重要!

・痒みや炎症が置きているところは保湿では対応できない。
ステロイド剤の併用が必要!

■まとめ
結構勘違いしてたな・・・と感じることがたくさん!
やっぱり思い込みによる我流は良くないですね(^^;
これにとどまらず、しっかり正しい知識を
勉強して効果的なスキンケアを心がけたいと思います♪

細金恒希さんの「人生戦略セミナー」に実際行ったときの話。

こんにちは、堺実紀です(^^)

今日は経営者である細金恒希さんの講演会に参加してきました。
実はこの講演会、聴衆として参加するのは2回目なんです🙌

完全紹介制で一見さんでは行けないこの講演会。
初めて知人から誘われたときは「怪しすぎる…!」と正直100%黒認定していました。笑
だって、フライヤーのハンドメイド感が凄かったんですもの…。

いわゆる「最後に壺出てくるのかな?」ってやつです。
今から思ったらむしろ壺出てくるセミナーがあるなら行ってみたい。笑

それでも「怖いものに飛び込んで、まずは真実の姿を見たい」タイプの私。
意を決して参加することに。

結局同じ内容と分かっていてもリピートするほど価値を感じ、
私の人生の転機となりました。

どんな物なのか、何がそんなに良かったのかを
初参加のときも振り返りながらお話します♪

細金恒希さんとは

一言では語れないほど、多岐にわたって事業を展開されているかたです。
その生き方がすごく面白く✨

  • 20歳で、世界一周のための資金約500万を3ヶ月で作る
  • 23歳で、当時は無かった新卒採用コンサルティングの会社を立ち上げる。
  • 現在は会社を5社経営し、ライフワークとして講演活動を行っている。

…などなど。
どこを切り取っても「えーっ!」と言いたくなる多彩な経歴。
飲食店のオーナーもされており、アンジャッシュの渡部さん行きつけなのだとか。
>>渡部さんのブログを見てみる

「人生戦略セミナー」?

細金さんの講演会の名前です。笑
最初聞いたときは「何を言っているの?」と疑問しか感じませんでした。(それがまた怪しさに繋がってた笑)
ですが、講演会後に「あぁ、そういうことを言いたかったのかな?」と納得。
理由は後でお話します(^^)

誘導してくれる美しいスタッフさん♪

講演会に参加したキッカケ

当時、私は旧友との起業を志し、人材系ベンチャー企業に勤めていました
タイムリミットは3年で設定。(今思うとなんで3年なのか・・・笑)
能力・体力をつけ、3年で辞めて会社を立ち上げるつもりでした。

が、実際はそんな簡単なものではなく。

目まぐるしく過ごす日々。
消化しきれないタスク。
思うように上がらない能力。
そんな障害物に振り回されながら、気づいたら
起業に向けての準備が一向に進んでいない自分に気づきました。

タイムリミットまであと1年半しかないのに、どうするつもりなの?
自問しながら、答えのないモヤモヤした日々が続いていました。

そのタイミングで知人にこの講演会を教えてもらいました。
今悩んでいることのヒントが得られると思うよ」と。

若くして起業され、自分の人生を生きたいように生きている細金さん。
フライヤーのハンドメイド感で盛大に疑いながらも、
今足を止めている自分へのヒントが得られるかもしれない」と
少しの期待にかけて参加することを決めました。
もしアウトなやつだったら、それはそれで学びだ!」と開き直っていたことを覚えています。笑

いざ、講演会へ!

入場前に長蛇の列!

知人との集合は開演1時間前
前の席に座りたいがために皆さん早くから並ぶのだとか。
私も「参加するからには前に座りたい」タイプ😎笑
1時間前集合で、無事最前列を獲得!!

講演が始まる前にご挨拶させていただき、本編が開始。

笑いの絶えない自己紹介

まずは細金さんの自己紹介から🌱
お祖父様が経営者であったこと、お祖父様との関わりの中で
この講演会のエッセンスが形成されていること。
笑いの耐えない時間が続き、講演会の前半テーマである経済の話へ。

前半:小6でも分かる経済の流れ

経済の話と言われると、すごく難しい話になるんじゃないかと
内心ビビっていましたが、ここでも爆笑の連続😂

その中でも自分に愕然としたのは、
「自分って本当に世の中のことを何も知らないんだ」ということ。
国のざっくりとした歳入が40兆。歳出は90兆
そして、負債は1000兆ほど。
自分の国のことなのに、何も知らない。
加えて、貯金(国民の貯金の合算)は約1000兆
ここには本当に驚きました。

「え?負債が1000兆あるのに貯金も1000兆?
最初は理解できませんでした。

「もし自分が一国の総理になって、この家計簿渡されたら何する?」
細金さんがそう問われたとき、私は
「貯金で負債を全額返すかな、後は歳入をあげて・・・」
と、いくつか策を考えていました。

けどそれって実際には容易なことではないんですよね。
・貯金で負債を返す→国民の貯金を全て押さえて国の負債返済にあてる。
・歳入をあげる→(例えば消費税で稼ぐなら)国の消費税は65%になる。
こんなことしようとする政治家が当選するわけないですよね、笑

本当にやらなければいけないことはわかっている。
けど、出来ない。支持してもらえないから。

日本って、そういう状態にあるんだと初めて知りました。
まがりなりにも起業を夢見ている自分が、
あまりにも無知で恥ずかしくなりました。。。

後半:人生を上手く航海するためのステップ

ここが、もう思い出しても鳥肌が立つほどに
私に大きく影響を与えた部分です✨✨

細金さんは、人生を航海に例えられていました。

「人生が航海であるならば、自分は自分の人生の船長
船長であるにも関わらず、自分が歩みを進めているこの海が
次は嵐になるのか?雷になるのか?
外の天気が何一つ分からずに航海している人が多いのではないでしょうか?」
そう言われてハッとしました。

前半で気づいた、経済のことを何も知らない自分。
つまり、船長が外の天気に関心を持たず航海を続けているということ。

それって海だったら確実に死にますよね?笑
自分はこんな恐ろしい生き方をしていたんだなと。

どんどん話に引き込まれていき、共感、気付きの連続。
自分の無関心さ、無計画さを悔いながらも
「今気づけば何とか出来るかもしれない!」
希望が湧いてきます🔅
細金さんの話を一つも聞き漏らしたくない思いで
一生懸命ノートを取りました。

そして、忘れもしない一言
「将来起業しようと思ってベンチャー企業に入る人って、
『自転車に乗りたい』と思った子供が、まず図書館に行って
自転車の仕組みを本で勉強し始める
ようなものですよ。

『自転車に乗りたい』って思ったら、
まず自転車に乗ればいいんです。

そしたらこけますよね?怪我もしますよね。
それで良いんです。」

自分の中に落雷が落ちました
まさに、私。
耳を覆いたくなるほど恥ずかしくなり、
「今まで何してたんだろう」って
心のなかで自分にドロップキックしました。笑

最後に
「3:10:60:27」のお話。
人の行動は概ねこの比率に分けられるのだとか。

  • 3→話を聞いて即行動する。
  • 10→ちょっと遅れるけど行動する。
  • 60→「良い話を聞いた!」とテンションがあがるだけ。
  • 27→何もしない。

絶対に3%の人間になろうと思いました。

二部の懇親会で爪痕を残す!

講演会は二部制。
二部では懇親会形式で細金さんともお話のチャンスが😀✨

「ここはチャンスだ!」と
細金さんが席を外されたタイミングで
捕獲するが如く話しかけに行きました。笑

「細金さん!本日はありがとうございました・・・」
そこまで言いかけたところで、

「ごめんね、今名刺交換中だから(^^;」
と細金さん。
どうやら他の方と会話中だったようです。恥ずかしい!!笑

改めて、ちゃんと並んでお話できることに🌱

講演会にすごく感銘を受けたことをお伝えしました。
そして、
「私もスタッフやりたいです!!」
と細金さんにその場で交渉。笑

作る側として貢献したいと思ったのが一つ、
スタッフだったら無料で話聞けるんじゃないかと
思ったのが一つ、です😎笑

「ぜひ、なってください!(^^)」
すごく優しい笑顔で歓迎いただいたのを覚えています。

激しく疑ってて本当にすみませんでした、という思いでいっぱいです。笑

「人生戦略セミナー」の名前に納得

前半でお話していた、講演会の名前に納得した理由です。
「人生戦略」という言葉は聞き慣れないですが
「経営戦略」というと良く耳にする言葉ですよね。

人はみな、「自分」という会社の社長なんです。
だから、「自分株式会社」の経営戦略について考えてみよう!
という意味だったのではないかな、と思っています。

スタッフとして関われるように

見事3%に入れた(と自負している)私は、
その後機会をいただき受付スタッフとして
関われるようになりました!☺

・・・が、目論見が外れて。笑
スタッフ超忙しいんです。びっくりしました。
それを経験できたからこそありがたみは倍増したのですが
細 金 さ ん の 話 が 聞 け な い ! 笑

と、いうことで…ちゃんと話が聞きたいので
今回聴衆として2回目の参加をすることにしました(^^)♪

2回目の講演会

前回と同じく笑いの絶えない空間で
最後まで楽しく話が聞けました♪

前回聞いて行動に移せたこと、
忘れてしまっていたこと、心情が変わっていたこと…
同じ話でも違うように聞こえることもあり
自分のステージによって得られる物が違うんだなと感じました。

一番衝撃だったのが、2回目にして初めて
涙を流してしまったことです。

前回以降、自分にとって挑戦の一歩を踏み出したものの
思うようにいかず、くすぶっていたのです。

細金さんの話を聞いているうちに
感情が溢れてきて、思わず涙してしまいました

悔しい思いと、また歩き出そう、という思いと。
背中を押してもらえた気がしました

まとめ

子供の頃、学生の頃は色々な夢を抱き
友人と語り合った方も多いと思います。

それが、社会人になってからも続いている人って
少ないんじゃないでしょうか。

「このままでいいや」
「土日の休みが唯一の癒やし」
「会社行きたくないなぁ」
気づいたら私の周りでもそんな声で溢れていました。

それが当たり前になっている自分に気付き、
大事なことを思い出させてくれる講演会でした。

今後も関わっていきたいと思います(^^)🌱

【肉業界の名店が集結!】東急百貨店の『肉グルメ博』に行ってきました

こんにちは、堺実紀です(^^)
今日のお昼は東急百貨店で開催されている「肉グルメ博」に行ってきました。
https://www.fashion-press.net/news/16119

百貨店の催事会場でここまでそうそうたるお店が集結することは
なかなか無い!とのことでワクワクしながら会場へ!

会場がある8階に降りた瞬間、お肉が焼けるいい香り…♪
期待が高まります。

会場につくと、所狭しと並んでいる各ブース。
見覚えのあるお店から、業界を代表するような名店まで。

あれも美味しそう、これも美味しそう!と
目移りしながら回ります。

お店の奥まで行ったところで、主催の田辺さんが!

田辺さんも肉グルメ博の記事をブログに書かれていました🌱
https://ameblo.jp/shintaro-tanabe/entry-12266059776.html

ここで、たまらない贅沢なお寿司を発見✨
『霞町三○一ノ一』さんの神戸牛炙り寿司!!!

これは、食べるしかない!

霞町三○一ノ一のお姉さんと(^^)
すごく笑顔が素敵な方でした☺

催事会場に同じく並んでいた世界のビールを1種類ずつ選び
ワインもゲット!
気になるお料理を一通り買って、屋上のテラスへ♪

日差しは強かったですが、少し暑いくらいがちょうど良い!
晴れやかな青空のもと乾杯!

フタを開けるとトリュフの香りがふわっと広がるお弁当♪

全体的にはこんなかんじです。
どれも美味しかった…💕

天気の良い日に青空のもと昼間から乾杯。
贅沢なお肉料理を楽しみながら過ごすランチは最高!

なかなか昼間から飲むことはないですが、
こういうのも凄く良いなと感じました😎

あー、思い出しただけでも
また食べたいっ!
幸せでした🔅

【挑戦する勇気】CHALLENGE JAPAN サミット 2017に参加して

こんにちは、堺実紀です(^^)

今日はアチーブメント株式会社が主催する、
CHALLENGE JAPAN サミット 2017に参加してきました。

とてもエネルギッシュで、パワーをいただけたので
皆様のお話を少しシェアしたいと思います✨

CHALLENGE JAPAN サミット 2017とは?

チャレンジJAPANサミット2017は、業界を牽引するリーダーが集い
「挑戦の価値」を渾身のプレゼンテーションで分かち合う、年に一度のイベントです。
「一度きりの人生だからこそ、挑戦し続けたい!」そんなあなたは是非ご参加ください。
引用:http://challengejapan.jp/summit2017/

「挑戦し続ける」人を応援する企業、
アチーブメント株式会社が主催する年に一度の大イベントです。
プレゼンテーターも超豪華!😍🔅

  • プロレスラーの吉田沙保里さん
  • 吉田沙保里さんのコーチである栄和人さん
  • 登山家の栗城史多さん
  • 株式会社ユーグレナの出雲充さん
  • 我武者羅應援團の皆様

人生に挑戦し続ける、素晴らしい方々が
プレゼンテーターとして登壇されました😊

公式動画はこちら!

吉田沙保里さん・栄和人さん

リオ五輪のレスリング女子53キロ級 銀メダリストの吉田さん。
連続金メダルの夢が途絶えたとき、引退もささやかれましたが
現役続行を表明し、東京オリンピックへの出場に意欲を見せられています。

そんな吉田さんを支えたのが栄さん。
世界選手権大会で銅メダルを獲得し、現在はコーチとして
多くのメダリストを輩出された実績のある方です。

一見すると厳しそうな栄さんでしたが、
お二人のトークセッションが始まると終始笑いが起きる和やかな空気。
まるで仲の良い親子の掛け合いを見ているようでした。

吉田さんが挑戦を続けられた理由の一つは、
信頼できる栄さんの支えがあったからなのだろうと思いました🌱

栗城史多さん

エベレスト無酸素・単独登山に挑戦し続ける栗城さん。
挑戦し続ける姿を見せることで“否定”という壁を無くし、
見えない山を登っている全ての人達の支えになることを
最大の目的として活動を続けられています。

2012年にエベレストで両手・両足・鼻が重度の凍傷になり、
手の指9本の大部分を失うも、挑戦し続けられている姿は
多くの方に勇気を与えています。

栗城さんのお話で一番印象的だったのは
10回、思いを口にすれば『叶』うんです。
思いは周りに言うことが大切です。
11回口にすると、『吐』いちゃいますが。笑」
と話されていたことです。

有名な話ではあるかもしれませんが、
それを実際に行動に移している方の話は重みがあります。

私はそれを、即実践に移しました。
すると、なんと、叶ってしまったのです・・・!
このお話は、後日😎笑

出雲充さん

2005年株式会社ユーグレナを創業し、世界でも初となる
微細藻ユーグレナ (和名:ミドリムシ)の食用屋外大量培養に成功。

話を聞けば「面白いところに目をつけた」サクセスストーリーですが、
実際に出雲さんが経験してきた道はそんな甘いものではありませんでした。

出雲さんの描くプロジェクトを実行するには出資先が必要。
でも、「ミドリムシなんて聞いたことが無い」と断れるばかり。
他社で実績ができたら来てください」と言われる日々。

「もう次がダメだったら諦めよう」と思っていた500社目。
伊藤忠商事が「まだ誰もやったことがないなんて、チャンスですね」と受け入れてくれました。

お金もなくなっていく、毎日断れるだけの時間を過ごす間は
本当に辛かったと思います。
何度も辞めたくなったと思います。
ですが、「諦めない先にある世界」に出雲さんは辿り着いたんですね。

出雲さんの言葉で印象的だったものがあります。
成功率が1%しかなくても、2回挑戦したら成功率は1.99%になる。
458回挑戦したら約95%になる。
多くの人が成功しないのは、成功するまで続けないからです。」

「成功するまで諦めない」とはよく言いますが、
これを数学的に表現されていたのは初めて聞きました。
すごく腑に落ち、今でも私を鼓舞する言葉の一つとなっています✨

我武者羅應援團

気合と本気の応援で世界を熱くする」という志のもと、人々の勇気を後押しする応援団。
団長の武藤さんは、学生時代に応援団に入っていたことがあるそうです。
その時、練習があまりにも厳しすぎて辞めてしまった自分を悔いて
「やっぱり応援団をやりたい」という思いで
今でも多くの人を応援しているのだとか。

一度諦めてしまった夢にもう一度立ち向かう勇気
そして、沢山の人を鼓舞してきたエネルギー、
本当に人生に真っ直ぐ生きている人の生き様
こんなにも多くの人を感動させることができるのだと体感しました✨

まとめ

自分の志に正直に、逃げずに真っ向から立ち向かっている姿は
本当に美しく、かっこいいと感じました。

自分が人生を一生懸命生きることで、
誰かが影響を受け、勇気を与えることが出来る

私もそんな人になりたいと強く思う1日でした🌱

【初めてワインに触れる】細金塾でワインについて学びました♪

こんにちは、堺実紀です(^^)
先日、私が所属している細金塾の勉強会がありました!

11月のテーマは、「ワイン」。
ワインといえば…私の中では「苦いもの、高価なもの」というイメージだけでした。

しかし!この勉強会でそれが180度変わりました
面白すぎる、ワイン✨

私をワインに夢中にさせた勉強会の一部をご紹介します😎🔅

勉強会前のワインのイメージ

私はワインがあまり得意ではありませんでした。
ちょっと白のほうが飲みやすいかな?程度😅

知識レベルとしては

  • ワインは赤と白がある。
  • ヨーロッパあたりで作られている?
  • 肉料理には赤、魚料理には白が定番。

くらいでした。
ホテルマンの経験もあり、たくさんのワインを
注いできましたが、知識としては全く無く…😂

こんなに知識がない私でついていけるかな?」と
不安でした😰

知識の準備運動!

食事×ワイン = ∞!?

まずはざっくりとした概要など。
細金さんの最初の言葉がすごく印象的でした。
“ワインは、唯一掛け算になるお酒です”

何の事?と思ったのですが聞いて納得。
初めて「マリアージュ」という概念を知りました!✨

お料理に合わせてワインを絡めることで
味わいががらっと変わり、美味しさが何倍にも跳ね上がる
その組み合わせ方は自由で、無限大の可能性がある!

他のお酒は「食事が口の中から無くなって」から飲みますよね。
ワインは「食事が口の中に残っている間に」口に含み、
その融合を楽しむのです☺💕

これは本当に目からウロコでした!

年が経つに連れて変わる表情

良く「何年物のワイン」と言ったりしますよね。
ワインは年が経てば経つほど、色々な表情を見せるのです😀
若いワインは比較的味がハッキリしていてパワフル。
年老いたワインは落ち着きが出てくるとのこと。
まるで、人の一生みたいで奥深いですよね🌱

「シャンパン」だけがシャンパンじゃない

最初の乾杯に良く使われる「シャンパン」。
私は今まで、「シャンパンは高いから、
それの代用品としてスパークリングワインを出すんだよ」
と教えられてました。

が、全然違う!!😱

ざっくり分けると、以下のようになっているらしいです。

  • スパークリングワイン(泡ものとも言われる)
    • シャンパン(フランス)
    • カヴァ(スペイン)
    • スプマンテ(イタリア)
    • ゼクト(ドイツ)
  • スティルワイン(スパークリング以外のワイン)
    • 赤ワイン
    • 白ワイン
    • ロゼ
    • デザートワイン

お気づきでしょうか・・・。
「シャンパン」より上位概念に「スパークリングワイン」が
ある
ということを・・・😱笑

つまりシャンパンとは、
フランスのシャンパーニュ地方で作られた
スパークリングワイン

が正しい説明なんですよね(^^;

誰だ、私にわけ分からないことを教えたのは😅!笑

味わいの違い

赤と白の代表選手

何を飲んでも「苦い」しか分からない子供舌の私でしたが、
やはりあれだけの数があるワイン。
たくさん味わいの違いがあります。
ここがかなり勉強になり、その後も
有益な知識として活用させていただいています♪

一番大きく影響を及ぼす、「ぶどう品種」。
赤と白には主に使われる3大品種があります。

【白ワイン】
・シャルドネ
・リースリング
・ソービニヨン・ブラン

【赤ワイン】
・カベルネ・ソービニヨン
・ピノ・ノワール
・メルロー

初めて聞いたときは、完全に知らないカタカナ
でも、この3大品種が分かるだけで
「ちょっとワインが分かる」人になれます😎!笑
ワインを全然知らない方、是非これだけは覚えておきましょう!

今回は白ワインで細金さんに解説いただいた知識をちょっとご紹介☆

  • シャルドネ
    濃い黄金色をしているシャルドネ。
    桃や熟したメロンなど濃厚で甘みがあるのが特徴です。
  • リースリング
    緑がかったレモンイエローのリースリング。
    レモンやライムなど酸味が強いのが特徴です。
  • ソービニヨン・ブラン
    レモンイエローと黄金の間のようなソービニヨン・ブラン。
    グレープフルーツや桃などあまり酸味が強くないのが特徴です。

本当に入門編のざっくりとした知識になりますが、
これは初心者には本当にありがたい!😂

ちょっと果実味が強くて、甘めが好きな人はシャルドネ、
キリッとした酸味が好きな人はリースリング
まず選んでみる、という選択ができるのです💕

何にも知らなくて、良くわからないカタカナから選んでたときより
ちょっと方向性が見えるだけで意味付けが変わります!

レストランのウエイターさんに
合いそうなワインのセレクトをお願いできるようにもなるので
是非試してみてくださいね♪

地域で出る違い

同じ「フランス産のワイン」と言っても
フランスの北の方か、南の方かで味わいは変わってきます。
北は寒いので、味わいはシャキッと。
南は温かいので、味わいはトロッと。
フルーツをイメージすると分かりやすいかと思います。
北で出来るリンゴ、南で出来るマンゴー
ワインにもそういった違いがあるんですね。
この違いもワイン選びには使えると思います👌

ブラインドテイスティングに挑戦!

一通り知識を学んだ後、いざ実践☆
先程学んだ赤と白の3大品種を飲んで
どの品種か当てに行きます🙌

同じ机に座ったメンバーとチームを組んで
「ちょっとスッキリ?」
「果実味が強いね」
なんてアレコレ言いながらテイスティング!

優勝したチームには細金さんより
超レアなワインがプレゼントされていました!
羨ましいー!✨

私は赤のテイスティングが
苦手なんだと分かりました。笑

レクチャーに来てくれたソムリエさんの説明
すごく面白く、とても学びになりました!

ワインの知識を得て良かったこと

ワインを知識として得ることは、最強の武器です。
これは私が実感したことなのですが、
話せる人が圧倒的に増えます

「オーパス・ワンが好きでね」
「これはシャルドネ100%なんだよ」
「ブルゴーニュのやつがいいな」

ワインの勉強をしてから、周りで耳にした言葉です。
言っている意味がわかるんです。
そして、味わい方も分かるんです。(ちょっと!)

すごく世界が広がった実感がありました🌱
意味が分かって相槌が打てる自分にも嬉しくなります♪

まとめ

2時間のワイン勉強会。
細金さんの話で終始爆笑して、学んで、新しい知識を得て。
知らないことを知るってこんなにも面白いんだなと深く体感しました!
ワクワクが止まらない!

とっつきにくいと思っていたものも、
細金さんが初心者向けにアレンジしてくださって
お話されているのですごく分かりやすいんです☺

街を歩いたときにワインを見かけたときも
「これは何かな?」と興味を持って見るようになりました✨

また一つ、世界が広がって本当に素敵な時間でした。
これからも細金塾で勉強していきます!!

最新のVRが全国から集結!『Unity VR EXPO AKIBA』に行ってきました。

こんにちは、堺実紀です(^^)

私は、エンジニアです。
ディズニーランドに行けばミッキーよりも
アトラクションの仕組みを考えるほうが好きです。笑

新しい技術は常にキャッチアップせねば!
ということで、秋葉原で開催された『Unity VR EXPO AKIBA』に参戦してきました!😎

Unity VR EXPO AKIBAとは?

Unity VR EXPO AKIBAはゲーム・アプリ開発用ソフトウェア「Unity」を使って開発されたVRコンテンツの展示会です。
引用:http://events.unity3d.jp/vrexpoakiba/

VRの面白いところは、大手開発会社から個人開発者まで
様々な企業・団体・個人がVRコンテンツの開発や研究を行っているところ!
資本力が無いとできないわけじゃないんです。
すごく夢がありますよね☺✨

いざ会場へ♪

さっそく『Unity VR EXPO AKIBA』の会場に到着!

会場入口の様子

入り口でノベルティをもらってご機嫌な私💕

unityの紙コップ

会場は人で溢れかえっていました…!
unityのロゴ入り紙コップ発見(^^)

1アトラクション体験するのに約1時間待ち!
やっとの思いで面白法人カヤックさんが作ったゲームに挑戦します😁🔅

面白法人カヤックさん作成のVRコンテンツ

「会社に行かない会社訪問」というコンセプトで
カヤックさんの社内をお散歩できちゃいます♪

お散歩しながら見つけた社員を打っていくという
なかなかブラックジョークな内容でした。笑

忍者マスク着用中

VRといえば!の忍者マスク着用
皆で使い回しするのでお化粧が付かないように✨

いざ体験!

いざVR体験

目の前にはカヤックさんのオフィスが広がっています。
自分が緑の空間にいる感覚はまるで無し!!

クロマキー合成中

私が見えている世界と私の姿を合成した図。
これで、VRをつけていない人から見ても
一緒に楽しむことができます♪

まとめ・感想

人が多すぎてなかなか体験できなかったですが
最新のコンテンツがたくさん見れてとても面白かったです👌⭐

皆さんの発想も豊かで、VRの市場がこれからどんどん
広がっていくんだなぁと実感しました。

会議に参加する人が全員VRつけて、
仮想会議室で集合して遠隔MTGとかできないかな~✨
…なんて夢の広がる1日でした(^^)

公式サイトはこちら♪
http://events.unity3d.jp/vrexpoakiba/