「渋谷に0円で住む」今までの当たり前は今後も当たり前とは限らなかった。

こんにちは、堺実紀です(^^)

渋谷に0円で住む

この言葉を聞いて、あなたは何を思いましたか?

「そんなワケないでしょ」
「どうせネタでしょ」
「再現性無いでしょ」

それとも…
うん、出来るよね

私はどちらかというと前者の反応に近い印象を抱きました。
実際に住んでいる私には、到底その方法が思いつかなかったからです。

けど、記事を読んで納得。
完全にこれからの時代の生き方だと感じました。

キーワードは
所有の時代は終わり、今の主流はシェアである
ということ。

これからの時代に興味のある人は、ぜひ読んでみてください☀

私が「渋谷で0円に住む」に初めて出会った瞬間

ふとtwitterでこの記事を目にして、私は衝撃を受けました


家賃0円で大都会「渋谷」を生きる僕の【0円理論】

「家賃0円?そんなわけ…なんか曰く付きのヤバイ物件とかかな?」最初はそう思っていました。
が、読み進めていって納得。

これは、今からの時代当たり前になっていく価値観だなと。

詳しい内容は実際の記事で読んでもらいたいですが、ここでも概要を話しますね。

種は「家の役割」を考えたことにあった

家賃0円の種明かしを一言でいうとこれです。

「家を使っていない時間、レンタルスペースとして間貸しする

「えー!知らない人を家にあげるなんてやだ!」
っていう価値観の人には出来ないことだと思うので、読み飛ばしていただくということで。

この考えかたは本当に面白いと思いました。

私達が当たり前のように住んでいる家。
結構寝るのに帰るくらいで、日中は使っていない人も多いのではないでしょうか。

朝起きて、すぐに外出し、遅くまで出ている…帰ったら寝るだけ。
そう思うと、「昼間の空白の時間」ってすごくもったいないんです。

家が、空っぽで、何も稼働していない

この記事の筆者「まー坊」さんはそこに気づき、家を使っていない空き時間をレンタルスペースとして間貸しすることにしたのです。
運用開始から3ヶ月目にして、家賃と収入がトントンに。
まさに「家賃(実質)0円」が実現したのでした。

冒頭に初めて聞いたときと、今では「家賃0円」の印象が全然違うのではないでしょうか。

そう、これはネタでも釣りでもない
実は誰でもやればできる方法だったんです。

所有するものには「使っていない時間がある」ということ

ここでふと、自分の周りを見渡してください。
持っているけど滅多に使わないもの」がありませんか?

あなたが所有するものには少なからず「それを使っていない時間」が存在するはずです。

  • 結婚式のときくらいしか着ないドレス
  • 使ってないけど捨てるのが惜しいトレーニンググッズ
  • 一回読んだけどなんとなく残している本

これらが活用されず、「家で眠っている時間」を考えたことがありますか?

私はこれに気づいたとき、まるで家にニートが住んでいるような気分になりました。笑

働けるポテンシャルがあるのに、何もせず家で寝ている!
けど、その機会を与えていないのは私だ!

きっと、あなたの周りにも “小さなニートたち” が眠っているはずです。

これからの当たり前。シェアリングエコノミーという価値観

今では欲しいものは何でも「買って手に入れる」のが当たり前でした。
しかし、もう続々と「所有する」時代は終わり始めています。

そんな時代を説明する「シェアリングエコノミー」とは以下のような意味合いです。

物・サービス・場所などを、多くの人と共有・交換して利用する社会的な仕組み。自動車を個人や会社で共有するカーシェアリングをはじめ、ソーシャルメディアを活用して、個人間の貸し借りを仲介するさまざまなシェアリングサービスが登場している。シェアエコノミー。シェアエコ。共有型経済。
引用元:https://kotobank.jp/word/シェアリングエコノミー-1720825

欲しいものは借りることで事足り、所有する必要がなくなる時代がやってきています。
持ってる人とシェアし、必要な時に使うことができればそれでいいのです。

それを知ってもなお所有したい?それはそれで良いと思う

「家賃0円」「シェアリングエコノミー」と、今までに “共有” の価値観が無かった人にとっては衝撃的な話かもしれません。
でも、確実にこの時代は既に来ています。

それを知ってもなお、「やっぱり私は所有がしたい」と思う方。
それはそれで良いと思います。
手に入れたときの喜びや、いつも手元にある幸せ。
所有にしかない喜びもあると思います。

私が大事にしたいのは “知っている” ということ
シェアの価値観を知らないで所有しているのであればもったいないな、と思うわけです。

今までの当たり前は、いつまでも当たり前ではない

「シェアの文化」なんて昔なら考えられなかったこと。
それが今、当たり前になっています。
そして今の「当たり前」は、きっといつか当たり前でなくなっていくのでしょう。

時代はどんどん流れていきます。
トレンドは抑えたうえで、自分の行動を意思決定していきたいですね(^^)

私は家で寝ている “小さなニート” を探しに行ってきます。

「人と会う」のは最高のレバレッジ

こんにちは、堺実紀です(^^)
あなたは普段どのくらいの人と会っているでしょうか。
職場の人や、いつもの友達は除いてください。

意外と「いつもの人たち」を除くと新しい人に会ってないことに気づくかたもいるのではないでしょうか。
普段仕事の忙しさに追われていると、どうしてもそうなりがちですよね。

私も一時期修行のために会社員だった頃はそうでした。
朝、定時より1時間早く出社し、日中は仕事に没頭。帰るのは23時頃なんてのもザラ…
(スキルアップのために勉強してたからで、会社から強要されていたのではありませんw)

毎日が学びだったので、その生活が嫌だったわけではなかったのですが「新しい刺激を受ける出会い」はほとんどありませんでした。

そんなある日、外部のイベントに行く機会に恵まれました。
当時はエンジニアだったのでWordPressの大きなイベントです。

「家からも近いし、なんとなく行ってみるか!」と何の気なしに参加したイベント。
そこでガッと私の世界感は広がりました

フリーランスでWordpressのお仕事をしながら世界を旅している人。
Wordpressコミュニティの各国のリーダーたち。

そこには今まで関わったことがない人たちがたくさんいました。
そこで繋がった方から、また新しいお誘いがあったり、仕事の機会があったり。
そしてまた広がる輪

自分が会社の中だけで過ごしていたときと、全く違う世界がそこにはありました。

そして、得られた刺激・学びを会社で活かす
このループが私の日々を彩っていきました。

つまり、いつもの面々から離れて新しい方たちと出会うことにはとても価値があるのです。

今では私は勤めていた会社を辞め、起業した会社に戻っています。
そこで経営に関わる傍ら、個人としてもいくつか仕事をしています。
それからは、人に会うスピードを加速させました。

そこからが本当にすごい!

会社員時代には想像もしなかった機会がたくさん私のもとに舞い降りてきました。

面白い新しいビジネスの話も聞きますし、転職希望の方を知人の企業に紹介してあげたこともあります。
興味のあるイベントに誘ってもらえたり、新しいサービスを試させてもらったり。
やってみたい仕事のオファーが来たり、会いたかった人に会えたり。

もう、この効果は測り知れない!!!

ただ、「この人に会ったから、この人と今すぐ何かが起きる」という話ではないんです。
一度お会いして、お互いのことを知り、そこからしばらくしてから偶然繋がることが多いです。
だから、「人と会う」って面白い

「いちいち人に会っていたら時間もお金もかかる」と思われる人もいるかもしれません。
でも、それ以上に今の人生が加速します
想像もしなかった世界へ連れて行ってくれます。

どんな化学反応が起きるか分からないところでワクワクしてみませんか?
人との出会いには、驚くほどの価値がありますよ!

25歳で上場を果たしたリブセンスの村上社長が思う「事業創造のポイント」

こんにちは、堺実紀です(^^)

先日、株式会社リブセンスの村上太一社長にお会いしました!
「事業創造のポイント」をテーマに
ご自身の会社設立の経緯~今までを伺うことができ、
めちゃくちゃ勉強になりました!

余談ですが、私はリブセンスに飛び込み営業したことがあります。笑
もう会社も大きくなっており、華麗に受付ブロックいただきました…ご迷惑をおかけしました。笑

もともと、小学生のころから「社長になる!」と決意していた村上社長。
大学1年の頃にリブセンスを立ち上げ、25歳でマザーズと東証一部に上場させています。

当時アルバイト求人メディアに存在しなかった
「完全成功報酬型の採用課金」を取り入れ注目を浴びたリブセンス。
今までにまったくなかった概念だったので、「怪しい」と言われることもあったのだとか。
知恵袋にも相談の投稿が載ったりしたようです。笑

今では成功報酬型なんて当たり前で、どこでも取り入れている方式ですが
「当たり前」の先駆者はいつの時代も否定されるところから
始まるのだなと改めて感じました。

リブセンスの社名の由来は
LIVE(生きる) + SENSE(意味)。
村上社長は若い頃から「生きる意味」について考えていたそうです。

以前違うところで「死生観のある人は本質的で、成功しやすい」と
聞いたことがあったことを思い出しました。

自分が生きる意味、生を与えられたことへの恩返しというか。
天命・人生を通したミッションを持っている人は強いですよね☺

事業を創造する上で、村上社長が大切にしているのは
「やりたいことを言語化する」こと。

リブセンス立ち上げから、上手くいかないことがたくさんあり、
何度も辞めようと思ったことがあったそうです。

そのとき、「何で会社やろうとしたんだっけ」と
原点に立ち戻ったときに、そのとき思っていたことを
言語化しておくと、自分を引き戻すことが出来る。
そうしてまた走り出して、今があるんですね。

「感情が原動力だと、一瞬の感情のブレに踊らされる」
と村上社長は言われていました。

人間の記憶は長くもたないものですし、
感情も沈下するのは早いです。

思い立った、そのとき。
その思いを書き留めておくことが重要なのです。

なぜやるのか。
どうしてそれなのか。

一番思いの乗っている”思いついた瞬間”に
書き留めておこうと思います(^^)

自分の生きる意味を問う。
やりたいことを言語化し、立ち戻れるようにする。

シンプルで、とても重要なエッセンスをいただきました。
村上社長、ありがとうございました✨

人材×マーケ担当者に聞いた、女性の消費パターン2つ

こんにちは、堺実紀です(^^)
昨日、面白い話を聞きました!

女性の消費パターンは大きく分けて2つある、というもの。
女性向けサービスを扱われている皆様のヒントになれば幸いです。

その方は女性特化型人材系企業のかたです。
とはいえ人材のイメージがあまり強くなく、
ご自身でも「マーケなんですよね」というほど。

扱っているビジネスとしては人材。
けど気持ちは女性向けマーケ。
女性の感情や環境の変化に寄り添ったサービスを展開されています。

その方が言われるに、女性の消費パターンには
2パターンあるとのこと。

1つは「定期型消費」。もう1つは「変化型消費」。
どういうものかいうと…。

1.定期型消費
いわゆる「カレンダー消費」。
・年始に向けて年賀状用意しなきゃ。
・お盆で帰省するから新幹線予約しないと。
・シルバーウィークには友達と旅行に行こう。
など、カレンダーに即したイベントに対して行う消費です。
これは男性にも共通して言えることですね。

2.変化型消費
これが面白い。
何か、本人に変化があったときに起こる消費です。
こちらはもっと細かく分けることが出来て、
以下のようになるそうです。

●環境変化
1.ライフイベント
 →同棲する、結婚する、子供が産まれるなど。
2.ジョブイベント
 →異動する、転職するなど。

●感情変化
1.ごほうび消費
 →何かを達成した、やりきったときの自分へのごほうび。
2.発散消費
 →モヤモヤしている、ストレスがたまっているときの発散。

言われてみれば確かに。
特にごほうび消費は女性らしさを感じますね!
私も学生時代、友人が「テストが終わったから❤」と
スイーツバイキングに行く姿をよく見ました。笑

こういったシーン分けが出来ると
「自分が扱っているサービスは
この消費パターンのうち、どのシーンで良く利用されるのか、
他のシーンに参入することは出来ないか」など
考える幅が広がりますね♪

1つのエッセンスとして取り入れていただければと思います(^^)!